【オーストリア:インスブルック】山!街!クリスタル!

インスブルックは、オーストリアのチロル地方の州都です。街名は「イン川にかかる橋」という意味です。

この街は、アルプスの山が迫って感じるくらいに、山のふもとに位置しています。徒歩で周れるサイズ感で、建物のデザインはレトロに統一されています!まるでコルマールを思い出すような雰囲気でした(^^)。

近くの街、ザルツブルクとよく似ていますが、ザルツブルクよりはアッサリめの観光地かなと思います。

インスブルックの全体感
  • 所要時間:6時間
  • おすすめ度:★★☆

インスブルック散策

インスブルックの街並み

①イン川

まずはイン川の迫力に圧倒されます。写真だと汚い色に見えるのかもしれませんが、これは泥ではありません。クリーム色のアルプスの雪解け水特有の色なんです。その証拠にイン川に沿って歩くととても涼しいです(^^)。

※ツィルマットの記事でも出てきた白い川です↓

【スイス:ツェルマット】最強の展望台ゴルナーグラート

②建物

さて、川沿いから一本内側に入ると、そこには別世界が広がっています。先ほどまで開けていた視界は、急に建物に阻まれます。その代わりに、建物のデザインがとても可愛いくて、更に目を楽しませんてくれます!(^^)!。

建物の雰囲気は統一されていますが、決して同じ色やデザインが繰り返されているわけではないです。一つ一つの個性が光っていて、それらが調和することで街並みを築いています。

③大通り

大通りまで行っても、その建物のデザイン性は一向に損なわれません。大通りに出ると急に現代風になる街も多いなか、この街は景観の保全に気を使っているのが伺えます。特に驚いたのは、一見古めの建物なのに、中がショッピングモールになっていたりすることです。見た目以上に奥行きが広い建物ばかりなのです。

そして、一番凄いのは、まるでアルプスに続いていると錯覚するかのような道であること。街は見事にアルプスと一体化しています。

宮廷教会

観光名所として一番見応えがあったのは宮廷教会でした。マクシミリアン1世の大きな墓石がど真ん中に置かれています。

マクシミリアン1世は、当時荒れていたチロル地方に法の秩序を作り、経済の復興も果たした人物です。後に神聖ローマ帝国の君主にもなっている、ヨーロッパ史の重要人物の1人です。

墓石の周囲には、28体のブロンズ像が並んでいます。その精巧さは驚くもので、衣服の装飾の感じも含めて、細部までよく造りこまれています。大きさと精巧さが合いまって、オーラ出ているようでした。墓石に何かしようものなら動き出しそうな 笑。

王宮

中は残念ながら撮影は禁止でした(:_;)。

最初は博物館になっていて、甲冑や城の説明などが、模型や映像で展示されています。他の博物館に比べると、映像の割合が多かったです。

博物館コーナーが終わると王宮エリアです。豪華な広間がメインです。独特だったのは、イスばかりの展示エリアもあったことです。王宮で使っていた数々のイスが並べられ、断面でクッションの構造を説明するものもありました。色々な王宮に行きましたが、イスにフォーカスしているのは初めてです 笑。

率直な感想を言うと、王宮としてはちょっと迫力に欠けていたのは否めなかったです(^▽^;)。

黄金の屋根

マクシミリアン1世が建てさせた、黄金の屋根の建物です。このテラスから広場の行事を見学していたそうです。街の中心にあるので、観光客は絶えずここで写真を撮っていました。

中にも入ることができます。意外と小さな博物館でしたので、ここは外観だけでも十分ですよ(^^)。

この下にはたくさんのテラス席のレストランが並んでいます。のんびりと食事しながら通りの喧騒を眺めるのは良かったです。

アドバイス

インスブルックカードという、乗り物と観光地に乗り降り自由のカードがあります。とても便利でしたが、24時間券で49ユーロ(約6000円)しました。ケーブルカーで山に登るorスワロフスキー・クリスタル・ワールドに行く予定がない方は、元を取りにくいので事前に計算しましょう!

※山についてはこちらの記事で紹介しています↓

【オーストリア:インスブルック】山!街!クリスタル!

スワロフスキー・クリスタル・ワールド

街からシャトルバスで、スワロフスキー・クリスタル・ワールドに行くことができます。なんとスワロフスキーはこの地で創業した会社で、ここに本社工場があるのです。工場には博物館やガーデンが併設されていて、体験的に楽しめる観光地となっています。

入場するとまず、”風の谷のナウシカの巨神兵”のような噴水がお出迎えしてくれます 笑。もっと芸術的な作品なのでしょうが、日本人としてこれを思い出さざるを得ませんでした。

この噴水の中が、スワロフスキー博物館になっています。けっこう広いのでびっくりしますよ(@_@)。スワロフスキーがちりばめられた装飾や、でっかいガラス細工など、スワロフスキーの技術力が結集されています。

最期のお土産屋は、スワロフスキーの店舗としては目を見張るサイズでした。こんなに商品があるのかと(@_@)。20%オフのお買い得品もいくつかありました。ただ、大人買いできるくらい安いかというと、そんなことはないですね 笑

私は自分用にこのボールペンを買いました。日本のアマゾンでも同じくらいの値段で売っていたので、お勧めです(^^)/

スワロフスキー SWAROVSKI クリスタル チャーム付 ボールペン (グリーン) [並行輸入品]

山に街にクリスタル、美しいものを寄せ集めたインスブルックでしたっ!

END

フランス:コルマール ~ハウルの舞台にも~ オーストリア:ザルツブルク ~山間の綺麗な街~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA