チェコ:プラハ ~チェコビールに浮かれながら~

中欧の定番、チェコのプラハに行ってきました。行ってみて驚いたのは、名物料理がたくさんあるし、どれも美味しいこと。もちろん、観光スポットもたくさんあるので、飽きることがないです(^^)v。

家から3時間くらいなので、通いたくなる街です 笑。特に気に入った場所を紹介していきたいと思います!

~観光地~

観光地はとてもとても多いです。網羅したいので2日間歩き回りました^_^;。以下が行った所です。個人的に好きだった所を黄色にしています。そこを紹介していきますね。(ミュシャ美術館も良かったのですが、写真禁止だったんです 泣。)

  • プラハ城聖ヴィート大聖堂、聖ジョージ大聖堂、黄金小路、旧王宮)
  • ミュシャ美術館
  • ユダヤ人地区(旧新シナゴーク、マイゼル・シナゴーク、スペインシナゴークピンカス・シナゴーク、旧ユダヤ墓地、クラウセン・シナゴーク、儀式の家)
  • カレル橋
  • 市民会館
  • 天文時計
  • 火薬塔

プラハ城

プラハでは欠かせない場所です。街からは、丘の上にそびえ立っているのが見えます。坂を登って城へと行くと、今度は街を見下ろすことができます。赤レンガの屋根が一面に広がっているので、それもまた美しいです。

さて、城の敷地内でのメインは聖ヴィート大聖堂です。とっても大きく、下から見上げた時に目立っていた黒い建物がこの大聖堂です。入ってみると、中のステンドグラスが、教会に相応しいくらいに大きく、数もたくさんあります。どれもカラフルなので、一枚一枚見ていて楽しいです。必見です(^^)。

ユダヤ人地区

プラハの一角にはユダヤ人地区と呼ばれる場所があります。昔はユダヤ人が住んでいた場所で、当時は不衛生な場所でもあったらしいです。しかし、今となってはブランドショップが並んでいる綺麗な街です。

この地区には、シナゴークと呼ばれる、ユダヤ教の教会がたくさんあります。中でも絶対に見て欲しいのが、スペインシナゴーグです。何といっても、内装が抜群に綺麗です!!

この写真のように、中が金色です。正面だけでなく全体が金色です。そして、よく目を凝らすと、細部まで緻密な柄になっています。とても秩序だっている柄なので、写真の通りキッチリした全体観になります。

ああ、目でみた光景が全て写真になれば良いのに、その方がちゃんと伝えられるので 笑。

もう一つ紹介したいのは、ピンカス・シナゴーグです。

ここは心に残る場所でした。

このシナゴークの内壁には、ナチスによって殺害されたユダヤ人の名前や死んだ場所等が、ギッシリと記入されているからです。

弔いでもあり、この悲劇は忘れない という強い意思表示でもあるのだろうと感じました。

ナチスによっておよそ80,000人が亡くなったと聞きますが、数字で見るより、この名前の羅列で見る方が、その惨劇を感じます。

私はアウシュヴィッツにも訪れたことがあり、そこで見聞きしたことが思い出されて、余計に辛い気持ちになりました。(アウシュヴィッツについてはこちら

~名物料理~

実はチェコと言えばビールなんです。知っていましたか?いやいやドイツでしょと思ってしまいますが、チェコはピルスナービールの元祖を作ったブリュワリーがあります。そしてブリュワリーの数も豊富です!

Kantýna(キャンティーナ)

キャンティーナというお店に行きました。ビールとご飯を楽しめるお店で探していて、評判が良かったのでここに決めたのです。

お店はセルフサービスのようです。席につくとカードを渡され、飲み物を聞かれます。飲み物はサーブしてくれるようです。

注文するとカードに内容が記載されます。このカードを持って、食事を選びに行きます。

ここはお肉屋さんでもあるので、お肉メニューが多いです。目移りしてしまい、あれもこれも食べたくなります(´艸`*)。

欲張って、1番人気のタルタルと、メンチカツとローストビーフなどを頼んでしまいました 笑。

食べてみると、嘘みたいに肉が新鮮です。肉のジューシーさもあって、ビールとの相性が最強です!!チェコビールはキリっとしています!ドイツビールみたいなタルさはない。その爽快感がとってもいい(^ω^)。

Lokál(ローカル)

チェコの居酒屋は、ボスポダと言います。チェコビールと、チェコ料理を味わうべく、Lokálに訪れました。ビアホールという感じで、地元のお客さんの活気がすごいです。

ここでは、黒ビールとクネドリーキを頂きました。言うまでもなく、ビールは最高です!!「ビールの泡だけ」とかいう謎メニューもあったけど、美味しいのかな 笑。

クネドリーキ

クネドリーキは、チェコ料理の定番の付け合わせです。フレンチのバケット、ドイツ料理のじゃがいもみたいな立ち位置でしょうか。クネドリーキは蒸しパンなのですが、スープをよく吸うので、スープを拭って食べるのに最適です。

蒸しパンとはいえ、塩っ気が少しあるくらいなので、料理の味を邪魔しません。ちなみに、肉が柔らかくて、スープがよくしみていて、文句無しです(^^)b。

トルデルニーク

トルデルニークはプラハの伝統菓子の名前です。私は、Good Food Coffee & Bakeryで購入しました。街中では至る所にお店があるので、どこで食べてもきっと美味しいと思います。

写真のように店内で生地を焼いています。生地は砂糖が染み込んで甘いです。そこに、トッピングを選ぶシステムです。アイスやホイップクリームが定番ぽいです。

私はホイップクリームにしました。見るからに美味しそうですよね!(^^)!。

で、お味は、やっぱり最高です!スイーツ好きにはたまらないと思います。生地だけでも甘くて美味しいのに、ホイップクリームを足してさらにパワーアップ!!

ちなみに、作ってる写真見てもらうと分かりますが、生地は中空です。なので、アイス頼んでる人は、ポタポタしてて大変そうでした。ホイップにして正解 笑。

にしても、原宿で流行りそうな味と見た目だ。

Restaurace “Otevřeno”

こちらで頂いたのは、豚の膝肉のローストです。これもチェコの定番料理です。真ん中にナイフが刺さっているのがトレードマークです!(これは飾りが役割のようです。食べる用のナイフは別で出されたので 笑。)

感想は、ザ・豚肉です。肉、脂身、コラーゲン、皮、と豚の全てが詰まっています。いや~、凄いです。もちろん美味しいですが、大味なので、好みは分かれるでしょう。私は好きです!!

かなりボリューミーなので、コラーゲン部分は残してしまいました。全部食べたら胃もたれが予感されます 笑。

 

 

以上、プラハは名物料理が多かったので、グルメツアーのようにもなりました。観光地も多いので、歩き回ってカロリーを消費しながらカロリーを摂取していくのが良いでしょう。

チェコビールの魅力に気付いた、プラハでした!

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA