【ノルウェー:ガイランゲル】フィヨルドのリゾート|遊泳xジャグジーxバイキングx観光!

ガイランゲルとは、ノルウェー随一のフィヨルド「ガイランゲルフィヨルド」の中に位置する街です。ガイランゲルフィヨルドの湾の一番深い所にあり、ガイランゲルフィヨルドを観光する場合に1泊するのが定番です。

フィヨルドで泳いで疲れたら、ホテルでリラックス。新鮮なシーフードに舌鼓を打つ。最高のリゾートがそこにあります。

ガイランゲルの全体感
  • 所要時間:1泊2日
  • おすすめ度:★★★

Grande Fjord Hotel (グランデ フィヨルドホテル)

ガイランゲルフィヨルドの湾に沿うようにある”グランデ フィヨルドホテル”は宿泊するのに大変お勧めです。全部屋フィヨルドに面していて、ジャグジーなども備えたリゾートホテルです。

ホテルがあるのは中心街から2kmほど離れているため、船着き場が遠く、存分に泳ぐこともできます。また、スタッフさんも全員プロフェッショナルの接客です(^^)。

アドバイス

街からの送迎もして頂けます。電話すれば速攻で来てくれましたよ(^^)。

ガイランゲルフィヨルドを泳ぐ&ジャグジー

ホテル横のフィヨルドの水はとっても澄んでいます。ホテルから1分歩けば即フィヨルドという、最強立地です(≧▽≦)。

フィヨルドの水は真夏でも冷たいです。雪解け水の滝があちこちフィヨルドに流れ込んでいるのが見えるので、それも納得です。砂浜などはなくいきなり深いので、泳いでは岸に戻りを繰り返していました。

このフィヨルドの中を泳ぐのは一生の思い出になります。このホテルの立地だからこその体験です。

そして、このホテルの便利なのが、泳いだ後にびちゃびちゃ部屋に戻らなくてよいことです。フィヨルドに面した方にはウッドデッキの階段があり、ジャグジーに直通なのです。

横のシャワーで体を流し、ジャグジーで体を温めます。ウェイターさんにドリンクを注文することもできます。

ジャグジーからフィヨルドを眺めていると、なんだか優越感が湧いてきます。

こんな場所でリラックスできるなんて、世界一幸せなんじゃなかいかと^m^。

アドバイス

・1泊の場合、チェックインは早いうちにしましょう。泳いだりジャグジーで楽しんだりするのがこのホテルの醍醐味だからです!

・チェックインの時、展望台へいくレンタバイクなど勧められます。オンダルスネスへバス移動する予定の方は、同じところに10分停車するので不要です。

夕食バイキング

素晴らしいホテルですので、夕食への期待値も上がります。近くにはレストランがないので、ここで夕食をとるのが必然です。

バイキング形式ですが、当然シーフードが充実しています。エビ、カニ、サーモンなどなど。お肉好きの方には、その場でカッティングするステーキもありましよ(^^)。

どれも美味しいですが、個人的にはカニが一番味が詰まっていて美味しかったです。レストランはガラス張りなので、ここからもフィヨルドを見られます。(夏のノルウェーの日は夜中まで沈みませんから)

ガイランゲル観光

ガイランゲルに一泊する場合は、街からハイキングなどをする時間はないです。それでも、街の中のお土産屋通りがとても楽しかったです。

チョコレートショップ:Geiranger Sjokolade Fjordnær

お土産屋で一番目立っていたチョコレートショップが” Geiranger Sjokolade Fjordnær ”です。ティファニーブルーが目だつ可愛いお店です。店内では、チョコレートケーキ、ワッフル、アイスクリームなどを食べることができます。

数々の賞をとられているようです。壁には表彰状がたくさん飾られていました。観光地にありがちな見た目だけのお店ではなく、技術に裏打ちされた本物のお店であることが分かります。

チョコレートワッフルを食べて、その美味しさが良く分かりました。注文後に作って頂けるワッフルに、チョコレートソースがかかっています。温かいので拘りのチョコレートの甘さを強く感じ、後味をこれまた拘りのコーヒーで締める。甘みと苦みのバランス、とても良かったです(^^)。

ちなみに、グランデフィヨルドホテルのチェックイン時にも、ここのチョコレートをプレゼントされました(^^)。それくらい人にお勧めできるチョコレート屋ということですね!

滝:Storfossen Waterfall

街から徒歩で往復30分の所に、”Storfossen Waterfall”という滝があります。時間があれば立ち寄るのがお勧めです。私の場合は、チェックアウト後にバスまで時間があったので、行ってみました。

フィヨルドに注ぐ滝はたくさんありあすが、その一つを間近に見ることができます。見た目の迫力に加え、冷たい水しぶきを肌で感じらるのが良いです。朝靄の中で滝とフィヨルドを眺めると、神秘的な印象を受けました(^^)。

以上がガイランゲルの紹介になります。ガイランゲルフィヨルド観光についてはこちらをご参照ください↓

【ノルウェー:ガイランゲルフィヨルド】世界遺産|オーレスンからオスロへの片道ルート

1泊は必須、フィヨルドのリゾート地、ガイランゲルでした!

END

【ノルウェー:ベルゲン】ノルウェー第二の都市|ブリッゲンx魚市場xフロイエン山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA