【オーストリア:チロル】手軽なのに大満足なハイキング

スイスからオーストリアにかけて、アルプス山脈が広がっています。それゆえ、オーストリアにもハイキングコースや登山コースがたくさんあります。
夏にはヨーロッパ中からバカンスで訪れる方々ばかりなので、大自然が人々を魅了中!

かくゆう私もその一人。”チロル”という州の山に行って参りました。懐かしのチロルチョコレートの語源でもありますよ(^^)。

チロルハイキングの全体感
  • 所要時間:4時間
  • おすすめ度:★★☆

パッチャーコーフェルのツィルベンヴェーク

ハイキングコースに選んだのは、初心者でも簡単に歩けるという パッチャーコーフェル 山のツィルベンヴェークです。それでもダイナミックな自然を感じられるとういう場所らしく、大変ありがたいコースです。

ハイキングコース概要

歩くのは水平の矢印のみ。

登りと下りの矢印はケーブルカーです。

いかに、初心者に優しいコースかは地図からも伝わってきます(^^)。

私の場合、多くの方が辿る方向とは逆向きでスタートしました。つまり地図の矢印を逆にたどるのが一般的なようです。ちなみに理由は以下です。実際どちらからでも良いと思います(^^)/。

  • 前泊をしたくて、スタート地点が逆の方が宿が安かった。
  • 地球の歩き方というガイドブックに、こちらからの方が下りが多いと書いていた。
  • ハイキングコースの休憩地点が後半になる。(疲れた頃に休憩できる)

ハイキングの流れ

Tulfes(トゥルフェス)の宿からスタート

ケーブルカー駅の近くに良い宿があります。
ブッキングドットコムで”9.1”の「B&B Appartements GLUNGEZER」に泊まりました。外観はアルプスの宿、内観はモダンな、バランスの良い宿でした(^^)。
朝食のオムレツや生ハムがとても美味しいので、ハイキング気分をアシストしてくれます(≧▽≦)。

外観
部屋からの眺め
朝食
ケーブルカーでTulfeinalm(トゥルファインアルム)まで

宿からケーブルカーまでは、たったの徒歩5分!涼しい午前中にハイキングしたいので、この近さが最高。宿の朝食は7:30からの提供でしたが、全く問題ないです。

シーズン真っ只中ですが、全く並んでいなかったです。朝9時というのと、逆コースをとったのが良かったのでしょうか。

途中で1度、目の前のケーブルカーに乗り換えがありました。

ツィルベンヴェーク をハイキング

ケーブルカーを降りたら、目の前からハイキング開始です。標高があるのでやや涼しめでした。けれどお日様が照っていれば、全然寒くはないです。

右側にアルプスの頂を眺めながら歩きます。カーヴェンデル山脈と言うそう。この山脈と綺麗に平行して進みます。つまり、道中はずっとこの雄大な眺め横にあるわけです。

足元も悪くないので、眺めを見る余裕もあります。途中の椅子で休んでも良いでしょう。湧き水を飲める場所があり、水がめちゃくちゃ美味しかったです。冷たくて混じり気のない、清々しい口当たりです(≧▽≦)。

アドバイス

私はこのスタンスミスで歩きました。問題なかったですが、粒の大きな石ころの上を歩くので、トレッキングシューズの方が足をくじくリスクは低いと思います('ω')。

<参考>

adidas(アディダス) スタンスミス M20325 Running White/New Navy(ホワイト×ネイビー) 26.5cm
Boscheben(ボシェーベン)で小休止

1時間30分ほど歩くと、休憩地点にやってきます。すでにコースの6~7割は終えました。

ビールやジュース、ソーセージなどの軽食が売られています。山に突き出たテラスはとても気持ち良いので、本当に立ち寄って良かったです。ビールが400円くらいだったので、良心的な設定です。

休憩を終えると、ケーブルカー乗り場に向かって歩き出します。残りは1時間もないはずです。普通は。。。

あろうことか私は道を間違え、山頂まで登って降りるというコースを辿ってしまったのです 笑。道は若干険しくて急な勾配になりました。「あれ^^?聞いてたよりなんか厳しめだな」と気付く前までは思っていました。

アドバイス

ボシェーベンはちょうどY字型の岐路にあります。休憩後に標識の確認が漏れると、山頂のテレビ塔まで登ってから下るという、+30分のコースを歩くことになります。私と同じ方向で歩く方は特にご注意を。

山頂も悪くはないので、あえて通るのも全然アリ(^^)。

山頂のテレビ塔
山頂の景色
Patscherkofel(パッチャーコーフェル)に到着

山頂を経由してもしなくても、ゴールはここです。牛さん達が待っています。

直接ケーブルカーに乗っても、レストランに立ち寄っても良いと思います。山の上にしては、かなり広くて綺麗な建物でした(^^)。私は立ち寄ってないのですが、ここではアルペン植物園も無料で見れるそうですよ。

ケーブルカーでIGLS(イグルス)まで

あとは1本ケーブルカーに乗って、下山するだけです。一方通行のハイキングでしたので、ふもとからはバスで駐車していたTulfesに戻りました。近郊の街インスブルックから来る人が多く、そこへの戻りのバスも出ていますよ。

レストラン:Larchnhittl

Tulfesに宿泊する方にお勧めなのは、 Larchnhittl というレストラン&バーです。登山者や、マウンテンバイクの方々で、とっても賑わっています。ドリンクの品揃えが豊富で、食事も肉や魚やパスタなどが色々と揃っていました。

私はビールとワインを頂きましたが、どちらも美味しかったです!もちろんご当地品です。旅の醍醐味はローカルの味を堪能することですよね~(O^^O)。

超お手軽ハイキング、チロルのパッチャーコーフェル山でしたっ!

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA