フランス:モンサンミッシェル ~昼と夜の景色~

フランス旅行の定番、モン・サン・ミッシェルについて紹介します。いざ、モン・サン・ミッシェルに行くとなると、昼はもちろんのこと、夜も景色を見た方が良いか悩みますよね?

私も迷ったあげく、両方見ることにしました!

~モン・サン・ミッシェルの昼と夜~

昼と夜の比較

せっかくですので、並べて比べましょう!

夜はライトアップが幻想的です。昼は島の全容が見えるので、島と街の一体感が面白いです。

結果、個人的には、モン・サン・ミッシェルに行くなら、夜のライトアップも見た方が良いと思いました!

だって、ここまで足を伸ばすということは、その景色に興味があるからだと思うんです。私もそうでした。だったら、二度おいしい方が良いですよね。

ライトアップが微妙だったならお勧めしませんが、実際良かったのでv(^^)v。

例えば、パリ観光がメインの方でも、以下のように工夫すれば時間が無駄にならないです!

  • 夕方にパリからモン・サン・ミッシェル近くに移動。
  • 晩ご飯を食べて、モン・サン・ミッシェルの島の手前まで橋を歩く。
    ⇒モン・サン・ミッシェルまでは、30分くらいかかるので、ちょうど良い散歩になります!
  • 歩きまたはバスで橋を戻ってくる。
  • 翌日の午前にモン・サン・ミッシェルの島内を観光。
  • パリに戻る。

車でも、TGV(高速鉄道)+バスでもこのやり方が良いと思います。泊まる場所がパリかモン・サン・ミッシェルかの違いだけで、トータルの所要時間はほぼ変らない結果になりますから(^O^)。

日没時間とかは事前にチェックしましょう。特に夏のヨーロッパは日が長いので。

夜の楽しみ方

先ほど書きましたが、まずは歩いて橋を渡って、モン・サン・ミッシェルに向かうのがお勧めです。30分くらい歩くことになりますが、平坦な道を行くだけです。

モン・サン・ミッシェルとは初対面だと思うので、歩いているうちに、だんだんとモン・サン・ミッシェルが近づいてくるのはワクワクしますよ~。

近づいた時には、逆さモン・サン・ミッシェルまで誕生します(O^ ^O)。

見終わったら、島の前のバス停から無料シャトルバスに乗って戻りましょう。24時まで動いています!モン・サン・ミッシェルを背にして帰ってもそんなに面白くないと思いますからね 笑。

けれど、私の時はシャトルバスがなかなか来なかったです。運が悪いと辛抱が必要かもしれません。痺れを切らして歩き始めてしまうと、橋の途中からは乗れないので、バスが通って行くのを虚しく見送るだけになります 笑。要注意です!!

昼の楽しみ方

昼の楽しみ方は、いたって普通です。バスでも歩きでも好きな方で島内に行きます。私としては、ここはバスでもよいかなと思ってます。前日に歩きましたし、早めに行った方が島内が込み合いませんので。

そして、まずは必須の、頂上にある修道院見学です(^ω^)。

修道院の中はけっこう広くて、見応え十分です。印象に残ったのは、写真の車輪のようなものです。修道院が牢獄として使われていた時に、囚人が交代でこれを回していたそうです。それによって食べ物を上に持ち上げていたとのこと。すごくリアルな歴史を感じます。。。

修道院が終わったら、島内を下って戻ります。お土産屋がた~くさんあるので、立ち寄ると楽しいですよ!

夜も見逃せない、モン・サン・ミッシェルでした

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA