【要注意】スピード違反|ドイツの巧妙な隠し撮りカメラ

ドイツのスピード違反は、基本的にはカメラで取り締まっています。日本のようにパトカーで追尾するのは聞いたことがないです。

先日はレイダーボットというカメラを検知するアプリを紹介しました。しかしアプリの弱点は、即座にアップデートされないこと。つまり、昨日までここになかったじゃん!という移動式のカメラには追い付きません。

【Radarbot】スピードカメラを探知するアプリ

さてさて、今回道端でかなり巧妙な移動式のカメラを見付けてしまいました。ここで紹介したいと思います 笑。

ドイツの巧妙なスピードカメラ

発見したスピードカメラ

その正体は、一見なんの変哲もない1台のバンでした。

このバン、よく見ると1つおかしな点があると思いませんか?

そう、それは歩道の上に駐車していることです。

近づいて見てみましょう。

なんだこりゃ!?

そう、なんと中にはカメラが仕込んでありました!!

スモークガラスでかなり顔を近づけないと見えませんよ。

見た目が不気味過ぎて、近づいて見た瞬間、身体がゾワゾワしました|д゚)。

すぐにレーダーボットのアプリで、ここのカメラが反映されているか調べました。すると、残念ながら反映されていませんでした(・_・;)。モバイルカメラの情報はレーダーボットと言えども難しいのでしょう。

しかし、通る車はここの前だとスピードを落としているのも確認しました。住宅街だったので、たまにモバイルカメラがあることを、きっと住人は知っていたのでしょう!

ちなみにこの道、制限速度は30km。知らないと絶対引っ掛かる 笑

ネットリサーチにて検証

念のため、これが本当にスピードカメラだったのかをネットでリサーチしました。そしたら、瓜2つの画像を発見です(^O^)/。

これはオーストラリアの記事の引用です。グローバルに活躍するカメラですね~。メーカーが気になって色々検索しましたが、見つかりませんでした 笑。

おまけ:ドイツの反則金は日本よりも安い

実はドイツスピード違反の反則金は日本より安いです。カメラでバンバン捕まえる分、1人分が安いのでしょうか??笑

まあ、アウトバーン(速度無制限のハイウェイ)がある国ですから、スピードに寛容なお国柄なのでしょう。

以下、参考に日本とドイツの反則金を比較してみます。なお、普通車の場合になります。

ドイツの違反速度区分ドイツの反則金
※市街地の場合です。郊外だと少し安い。
日本の違反速度区分 日本の反則金と罰金
10 km/h 以下15 € (約2000円)
11~15 km/h25 € (約3000円) 15 km/h 以下9000円
16~20 km/h 35 € (約4500円) 15~19 km/h12000円
21~25 km/h80 € (約10000円) 20~24 km/h15000円
26~30 km/h100 € (約13000円) 25~29 km/h18000円
31~40 km/h160 € (約20000円) 30~34 km/h6万~7万円(刑事処分のため罰金目安)
41~50 km/h200 € (約26000円) 35~39 km/h7万~8万円(刑事処分のため罰金目安)
51~60 km/h280 € (約36000円) 40~49 km/h8万~9万円(刑事処分のため罰金目安)
61~70 km/h480 € (約62000円) 50 km/h 以上 10万円(刑事処分のため罰金目安)
70 km/h 以上680 € (約88000円)
反則金(罰金)比較表

※刑事処分の場合の罰金の目安については、交通事故弁護士ナビを引用しました。

この安さもあってか、実際スピード違反の話は日本よりも当たり前のように聞きます。「またやっちゃったよ~アハハ」みたく 笑。私はまだ一度もないのですが、そのうちきっとあるでしょう(^_^;)。

というわけで、ちょっと不気味なモバイルカメラの紹介でした。スピード守る以外に反則金が逃れるのは無理そうですね~。当たり前か 笑。以上になりますっ!(^^)。

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA