【チェコ:ヤブロネツ・ナド・ニソウ】チェコビーズの産地

チェコがビーズが盛んというのは、いったいどれくらいの人が知っている事実でしょう。

少なくとも私は最近知りました。そもそもビーズという商品が、産地を選ぶほどの工芸品だという認識がなかったです(・_・;)。

よくよく調べると、日本は世界の四大産地の一つだそう。そのせいで、知らぬ間にビーズを身近に感じていたというわけだったのですね。

そして、実はチェコビーズの方が日本より知名度があるということだったので、チェコまで現物を確かめに行ってきました(^O^)。

ヤブロネツ・ナド・ニソウの全体感
  • 所要時間:3時間
  • おすすめ度:★☆☆

ヤブロネツ・ナド・ニソウ

チェコの中でも特にビーズが有名な街。そこは、「ヤブロネツ・ナド・ニソウ」です。(覚えられない、、(^▽^;)。)そこは、チェコのかなり北部に位置していて、ドイツとポーランドの両方の国境近くにあります。

(過去記事のゲルリッツ、ボレスワヴィエツのどちらからも車で1時間くらいです。)

この地でビーズが盛んな理由は

さて、どうしてこの街がビーズが盛んになったのでしょう?

それを解くカギは、ビーズの原料”ガラス”にあります。ひとえにガラスと言っても、それを構成する成分はさまざまです。つまり、より美しいガラスを作れる原料が手に入るところが産地になるのです!そしてこの地でまさにその原料がとれました。

ボヘミアングラスって聞いたことがありませんか?ビーズよりも有名ですよね(*^^)。かつてのボヘミア王国があったのが、このチェコ、ポーランド、ドイツの国境付近なのです。

つまり、美しいガラスを作るための原料と、その加工技術が結集しているのがこの地域というわけです。

※詳しくはこちらの記事で紹介しています(^^)。

【チェコビーズ】世界中で愛されている理由とは!?

チェコビーズのお店①:PALACE PLUS

この地域にはビーズショップはたくさんあります。中でもグーグルで評判の良かったお店、 PALACE PLUS に行ってきました。このお店は、ビルの中の1階部分を占めているお店で、中はかなり広かったです。HPによると、チェコビーズ専門ショップとしては世界最大ということです(@_@)。

PALACE PLUSの特徴

  • 多種多様な品揃え
    いわゆるシードビーズ(小さなビーズ)から、もはやガラス玉?のようなサイズまであります。パール系のビーズもありますし、サイズやデザインも千差万別。そのバラエティには驚かされました。
  • ハンドメイドアクセサリーも販売
    ビーズで作った、ネックレスやオーナメントが売られています。ビーズは好きだけれど、自分では作るのはちょっと、、と言う方にはうってつけです。かなりの種類のアクセサリーがありますよ。
  • 自分でアクセサリーを作るコーナーが設置
    アクセサリーを作りたくてビーズを揃えると、必ず余りが出てしまいます。特に色を使えば使うほど。しかし、ここの店内一角には、大量にビーズが準備されていて、自分で組み合わせて作れるコーナーがあります。
  • ボヘミアングラスも販売
    チェコビーズはボヘミアングラスと切っても切れない関係。この地方はガラスの名産地ですから。ボヘミアングラスに興味がある方は、ここで揃えることもできます。なにせ店内が広いので、ボヘミアングラスの品揃えも凄いです。

ちなみにお値段も安いです。ボヘミアングラスには20%オフや30%オフのラベルが貼られてるものも多数。例えば、写真の中にボトル+グラスx2のセットが写っています。これを買っても約9000円です 笑。

もちろんビーズだって安かったですよ。例えばこの吊られているビーズたち。物にもよりますが、1本当たり約150円~です。

ビーズ好きの方なら、買い物が楽しいのでしょう。レジに並んでいるお客さんは、たくさん買ってましたよ(^^)。

チェコビーズのお店②:BIJOUX NONSTOP

このお店もグーグルではかなり評判が良かったので行ってみました。外観は薄紫ばかりなので少々派手な印象。

さっそく入店すると、目の前には、ビーズの倉庫のようにギッシリとビーズが並んでいました(@_@)。先ほどのお店とは雰囲気が真逆です。大きなビーズの袋もあったりするので、業者向けの要素も強く感じます。

ドンキで買い物する時のように、なんだか掘り出し物に出会えそうな、ワクワクするお店です(≧▽≦)。

BIJOUX NONSTOPの特徴

  • ビーズの倉庫
    こちらのお店はシードビーズ、ドロップビーズ、パールビーズなどの種類が豊富でした。まるで倉庫のように並べられていて、個人的にはこれぞ”ビーズ屋”という気がしました!先ほどのPALACE PLUSのような、ガラス細工的なものは無かったです。
  • 業務用サイズ
    店内には絶対業務用だと思うような、大きな袋がたくさんありました。コストコに行った時に”でかっ”ってなるあの気分です 笑。もちろん、個人用の小分けもたくさん売っていましたよ。
  • 店員さんがアクセサリーを作っている
    店内で店員さんがビーズでアクセサリーを作っていました。ピンセットで器用に挟んで、作り上げている様は見ていて面白かったです。気を散らさないように、ちょっと離れて観察しました(^^)。その商品も売っています。
  • 休憩スペース
    小さなお店ですが、駐車場の一角にはベンチがあり、ドリンクを提供していました。コーヒー1杯が約75円です。ビーズが多すぎて、選び疲れた方が休憩がするのでしょうか(@_@)。

こちらもお値段が安いですよ。個人が買う個包装サイズで約100円~からありました  笑。

そのせいか、小さなお店なのにたくさん人がいました。けっこう皆さん長居している様子でした。

以上がチェコビーズの紹介でした。ちょっとした興味で行ってみましたが、こんなビーズの世界があると知れて大変勉強になりました。産地って色々な魅力があるもんですね(*^^*)。

ちなみに、チェコビーズなら日本でもそんなに高くない値段でアマゾンでも買えるようでした。ご興味ある方は、覗いてみてはと思います。

ボヘミア~ンな街、ボレスワヴィエツでしたっ!

END

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA