ネクタリンは桃とリンゴの間みたいな果物

ネクタリンをご存じですか?ドイツではしょっちゅう見かけるフルーツです。ネクタリンは美味しいので、日本でも、もっとメジャーになって欲しいなと思っています!

そんなネクタリンについて紹介したいと思います(≧▽≦)。

ネクタリンの見た目

ネクタリンはこのようなフルーツです。ぱっと見はリンゴ!

最初の時は、さわり心地がざらざらするちょっと変わったリンゴだと思って買いました。

そして切ってみると中は白い。

熟れてくると少し黄色っぽくなってきますが、私はこのくらいの熟れ感が好きでした。透明感がある感じ。

ネクタリンの味

私の主観ですが、食べた感想はこんなもの。

  • 味: 桃7割 リンゴ3割。
  • 食感: 桃5割 リンゴ5割。

桃と違って皮ごと食べられるので、それはリンゴみたいです!皮の食感に、若干ですが、桃の毛羽立ち感があります。

桃と言えば、わりと高級フルーツですよね。このネクタリンは凄く安く、1個50円くらい。つまり、桃を食べるよりお財布に優しい。しかも皮ごと食べられるという超優秀なフルーツです。

にゅるん
にゅるん

だから見つける度についつい買ってしまう。。。

ネクタリンの生態

ネクタリンについて、もう少し調べてみました。

  • バラ科の果樹
  • 桃の変種(桃よりとか言ってましたが、ちゃんと桃の一種です!)
  • 7~9月が旬
  • ビタミンとカリウムが豊富
  • 日本だと長野が主な産地!だけど、生産量は少ない!(=スーパーで見ないわけ)

やはり正体は桃!!

そしてなんと、日本でも売っていることも分かりました。私は見たことなかったので、てっきり存在しないと思ってました。

ネクタリンの買い方

ドイツで安くて美味しいからお勧めしてましたが、いざ日本のネット価格見ると、桃と同じくらいだったりします。しかし朗報。コストコで安く購入できるようです!

8個で1000円くらいなので、1個100円ちょっとです。カリフォルニア産らしいですが、美味しいらしいですよ!私は食べたことないですが、写真だととても似て見えました。

にゅるん
にゅるん

そして、個人的には今、このワッサーに挑戦したい!見た目から美味しいのが伝わってくる~

ワッサーは白桃とネクタリンの自然交配によって生まれたフルーツです。しっかりとした歯ごたえがあり果汁もたっぷり。生産量が少なく希少な品種となります。

というわけで、ネクタリンのご紹介でした。ご興味ある方は、是非とも挑戦してみて欲しいなと思います!!

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA