ドイツで格安の鼻毛カッター

先日まで使っていた、フィリップスの鼻毛カッターが突然動かなくなりました。
新しいのを購入しようと思うと、2000円近くしました。

もっと安いのはないのかなと思って、ROSSMANNという近くの薬局に行くと、
めちゃくちゃ安いのがありました!(^^)!そして使い勝手も良かったのです。

フィリップスとの比較も含め、紹介したいと思います。

ROSSMANNの鼻毛カッター

ROSSMANNで購入

こちらが、ROSSMANNという、ドイツの大手の薬局で購入した鼻毛カッターです。
「IDEENWELT」という、薬局のプライベートブランドから出ています。

IDEENWELT=アイデアワールド 良い名前ですね(^^)。

そしてなんと、日本円にして400円くらいでした(@_@)。

安物買いの銭失いになるの覚悟で買いました!
もはや、失っても良いくらいの値段ですからね 笑。

使った感想

安いのにちゃんとしてる!

びっくりしました。何かきっと欠陥があるのだろうと、半信半疑どころか、
半分以上疑っていました。いきなり鼻に入れるのは怖かったので、持ったまま電源入れて、
指でつついたりとかしてました 笑。

いざ鼻に入れると、先頭の円筒形状の刃部分は、鼻の穴にばっちりとフィット
この手の回転式のカッターは、鼻毛がたまに引っ張られて痛いと口コミを見ます。
そんなことは無く、スパスパとカットしてくれました!

振動と音で、鼻毛が切れているのが伝わってきます。
手前にしたり奥にしたり、20秒程すればカット完了です。そして反対側に入れます。

強いて言うなら、回転しているので、刃先がちょっとずつ熱くなります
完璧を目指して1分間とか回しちゃうとけっこう熱い。その場合はインターバルが必要だと思います(;'∀')。

鼻毛カットの目的は、鼻毛が出て恥ずかしい思いをしないことです(*ノωノ)。
それは20秒もすれば十分でしょう!!

鼻毛カッターは大きく2種類

ところで、今回知ったのですが、鼻毛カッターは2種類あるようです。

前まで使っていたフィリップスの鼻毛カッターは回転してくれませんでした。
なので、ちょっとずつ角度を手で変えながら、鼻の中を一周する必要があったのです。

今回は回転してくれたので、前よりも楽ちんでした。
両方使って分かった、メリットとデメリットをまとめますね!(^^)!。

回転型

回転型の場合、先端が円筒形になっています。円筒の部分は上側にスリットが入っています。

鼻に突っ込むと、そのスリットの間に鼻毛が入ります。すると、中で回転している刃が鼻毛をカットしてくれるのです。

<メリット>

  • 円筒形なので鼻の穴にフィットする。
  • 鼻に入れるだけで、全周カットできる。
  • 円筒の中にカットした毛が収納される。
  • 比較的値段が安い。

<デメリット>

  • 回転しているので、モーターの熱が伝わってき易い。
  • 円筒に入るくらいの長さの毛しか、処理できない。

振動型

振動型の場合、細かい小さな刃が溝のようにたくさんついています。

一見刃が剥き出しのようですが、銀色の部分の先端は、肌に当たるので刃になっていません。溝の中だけが刃です。

隙間に入った毛が、振動で動いている刃に剃られることで、鼻毛がカットされます。

<メリット>

  • 短い毛も剃れる。
  • 狙った所に刃を当てやすい。

<デメリット>

  • 全周剃るには、自分で角度を変える必要がある。
  • カットした毛がポロポロと落ちる。
  • 刃の間に毛が溜まりやすい。
  • 比較的値段が高い。

 

以上のように、一長一短あります。しかし、個人的には、全周簡単に剃れる回転型が好きです!!

アマゾンでも1000円くらいからあるので、是非試してみてはいかがでしょうか(^o^)。

END

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA