ビールの違い【図解】ラガービール・エールビール・ピルスナーなど、簡単に区別しよう

ビールがとにかく好き。けれど、ビールの種類は多過ぎていまいちよく分からない(・_・;)でも興味はある!!という方。

難しく考える必要はありません。大枠を理解するのは意外に簡単なんです!!頭を整理できるように解説していきたいと思います(^^)。

主なビールの分類

まずは結論を図でまとめます。よく聞くビールの種類だけを載せました。エールビールとラガービールの違い、縦軸と横軸の詳細については後述します。

エールビール

エールビールの分類

ラガービール

ラガービールの分類

醸造所によっても違うが、一般的な分類としてざっくり言うとこんな感じ!

ビールの分類と材料の関係

ビールの分類の仕方について記載してきます。ビールの材料を少し知るだけで簡単に理解できます。

ビールに必要な材料

ビールの種類を理解するために、知っておくべき大前提。それは、ビールを構成する4つの材料です。聞いたことある名前ばかりだと思いますが、再確認しておきましょう。

ビール=①水+②モルト+③ホップ+④酵母

  1. モルト:ちょっと芽が出た麦(=麦芽)
    ビールの原料的な存在。麦が持つ糖質が重要。
  2. ホップ:そういう名前の植物
    香りと苦みをビールに付けてくれる。
  3. 酵母:菌のこと。
    モルトが糖質を、「アルコール」と「炭酸」に変える。(菌といっても動いているわけではないです。キノコが動かないのと同じ 笑)

ビールの材料は基本共通。その量と処理で種類が変わるだけ!

モルト:ロースト加減で味が変わる

モルトはロースト(焙煎)して使います。ローストするほど焦げて黒くなります。よって黒ビールになるのです。

色が黒いほど香ばしい(チョコレート、コーヒーみたいな香り)です。

ローストするほど黒くなるのは、コーヒーと全く同じ!

ホップ:入れる量でフルーティーさと苦さが変わる

ホップは「フルーティーな香り」「苦み」をビールに付けます。量が多いほどその味が強くなります。

まさにビールの特徴的な味を担っている!

酵母:「エール酵母」or「ラガー酵母」

ビールを発酵させる(=糖質を炭酸+アルコールに変える)酵母は主に2種類あります。

  • エール酵母:常温(約20℃)で発酵する酵母。発酵すると酵母が浮き上がるので、「上面発酵酵母」とも呼ばれる。ラガー酵母より香りとコクがある。(例えばバナナのような香り)
  • ラガー酵母:低温(約5℃)で発酵する酵母。発酵すると酵母が沈むので、「下面発酵酵母」とも呼ばれる。エール酵母よりスッキリしたのどごしになる。

「エールビール」と「ラガービール」は酵母で分別できるわけだ!

まとめ

  • エールビールorラガービールは酵母で分類。
  • モルトをローストするほど、香ばしいビールになる。
  • ホップが多いほど、フルーティーで苦みの強い味になる。

ビールの具体例

最初に図に載せたよく聞くビールの種類について、具体的な商品名を紹介します。ビールの分類と商品が結びつくことで、より理解が深まって頂けるのではないかと思います。

エールビールの具体例

①スタウト:ギネス

②アルト:THE軽井沢ビール アルト

③IPA:KONA BEER コナビール

④ペールエール:TOKYO CRAFT (東京クラフト) ペールエール

④ヴァイツェン:ドイツビール シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン

ラガービールの具体例

①ボック:ホフブロイ マイボック

②ピルスナー:ピルスナーウルケル

③シュバルツ:ベアレン醸造所 シュバルツ

④デュンケル:エルディンガー ヴァイスビア “デュンケル"

⑤ヘレス:上馬ビール ヘレス

以上になります。ビールのつまみになる話だったなら幸いです(^^)。

ちなみに、ピルスナーの発祥地を訪れた時の記事はこちら。

【チェコ:プルゼニ】ピルスナー発祥地|最高のビールを飲める。

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA