【iPhone13】日本だと4万円安い!帰国時の免税と定価の威力。一方ドイツで買う利点とは?

2021年9月24日にiPhone13が発売されました。

iPhoneと言えば海外在住者にとって、帰国時に買うべき物の一つですね(≧▽≦)!免税で買えるのに加え、日本のiPhoneの定価が世界トップクラスに安いからです。

そろそろ買い替えたいなと思っているドイツ在住の身としては、ドイツとの価格差が気になるのでまとめてみることにしました!

以前にiPhone11を日本で免税使って買った時の話や欠点も紹介いたします(^o^)。

iPhone13の価格を日本とドイツで比較

日本とドイツのiPhone13の値段を128GBで以下に比較しました。

※容量のラインナップは256GB/512GB/1TBとなり、大きくなるにつれ値段は高くなります。しかし、全部書くと煩雑になるので、最低ラインの128GBでの比較に絞りました。

なお、1€=130円で計算しています。

128GBApple日本Appleドイツ差額
iPhone13
mini
78,909円
(税込86,800円)
799€
=103,870円
24,961円
iPhone1389,818円
(税込98,800円)
899€
=116,870円
27,052円
iPhone13
Pro
111,636円
(税込122,800円)
1149€
=149,370円
37,734円
iPhone13
Pro Max
122,545円
(税込134,800円)
1249€
=162,370円
39,825円
日本-ドイツ 価格比較表

価格差凄いですね(@_@)!!

iPhone13 Pro Maxに至っては、4万円近く違うではないですか 笑。これを見るとドイツで買うのが馬鹿馬鹿しくなります。。。

コロナ期間だと日本に行くには10日間の隔離(2021/10/1以降は)があるのでそう簡単ではないですが、隔離がなくなるのを待つのが得策かもしれないです。

もちろんそのために航空券を買ったら元も子もないですが、日本人なら家族や友人に会ったりと、他に用事はいくらでもありますもんね(^_-)-☆。

iPhone11を日本の免税で買った時の話

免税の手順

2年前にAppleストアで免税を受けました。本当に簡単で、購入時にパスポート+滞在許可証を提示するだけです。ドイツに住んでいる場合は、「AUFENTHALTSTITEL」というカードを持ち歩いていると思いますが、滞在許可証とはそれのことです(^o^)。

後はお会計が免税額でされるだけなので、カードでも現金でも支払いできますよ!

最後にパスポートにレシートを貼られるので、出国時に空港の税関でそれを提出します。(この提出を忘れてしまった知人が多くいますが、特に問題なかったようですよ 笑)

アドバイス

パスポートの入国スタンプを確認されました。入国時に自動化ゲートを使うとそのままだとパスポートにスタンプを押されません。通過後にスタンプを押してもらう場所はあるので、忘れないようにしましょう。

日本で使って良いの?

免税品と聞くと、なんとなく出国するまで開封してはいけないイメージがありますよね。しかし、それは消耗品の場合だけです!

家電や服などの一般物品は国内で開封してもかまいません(`・∀・´)。国内滞在中にもガンガン使いましょう~。

観光庁HPを引用

免税についてのルールは以下で分かり易く確認できます。参考にしてみてください。

日本で買うことの1つ欠点

iPhoneは基本はどこで買ってもスペックが共通ですが、1つだけ日本で買う欠点がありました。

それは、カメラのシャッター音が消せないことです。

これはヨーロッパで使うにはかなり痛い部分 泣。想像してみてください。美術館や教会などの静まり返った場所で「カシャ」音を立てているのを(*ノωノ)。

「なんだこの人?」みたいな顔で見られます。日本の仕様なんて皆さん知る由もないので、ただのマナー違反みたいな空気が出てしまいます。

これが嫌過ぎて、値段は高くても次はドイツで買おうかと考えているくらいです!無音カメラのアプリ入れてみても、純正アプリではないので画質がイマイチだったりします。

以上、iPhone13を日本で買った方がお得だけど、シャッター音がな~という悩みのお話でした 笑。

ドイツに限らずどの国にお住まいの方でも、絶対に日本で買った方が安いので、一時帰国時は参考にしてみてください!

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA