【フランス:シャモニ・モンブラン】ロープウェイで3842mへ!アルプス最高峰を拝もう

モンブランとはアルプス最高峰の山。標高が4810.9mあります。この頂上を臨むことができる展望台へのロープウェイが、「シャモニ・モンブラン」という街から出ています。

ぎりぎりスイスの国境を跨いだフランス側なので、物価が安く料理もフレンチです。それでいてアルプスの最高峰を拝めるので、観光地として大変人気です(≧▽≦)。初めてモンブランに登頂した人も、この街を起点にしたらしいですよ。

シャモニ・モンブランの全体感
  • 所要時間:1泊2日
  • おすすめ度:★★★

エギュイユ・デュ・ミディ展望台

展望台への行き方

このエギュイユ・デュ・ミディ展望台は、3842mに位置しています。富士山よりも高いわけです。ロープウェイで苦労なくここまで来れるので、本当にありがたいです(^o^)。

ロープウェイは街の中に駅があります。かなり大きな駅です(^o^)。観光客が大挙しているのですぐ分かります。

ここから乗ればすぐに上まで行くことができます。

アドバイス

ケーブルカーは事前予約がおすすめ(^o^)当日だと数時間後の乗車になるかもしれないです。

ロープウェイは70人乗れる大きさです。このロープウェイで山頂までグングン登っていく様子はとても気持ち良いです!途中の駅で一度乗り換えがあります。合計で20分くらい乗ればそこは展望台です。

展望台に到着

展望台に到着すると、そこはまだ最高地点ではありませんでした。しかしすでに絶景が広がっています。モンブランと反対側を見ると、すでに遮る物がない高さなので、地平線が丸見えなのです(@_@)。

この景色は尋常ではないくらい綺麗です。

アドバイス

ケーブルカーの降車時に、帰りの整理券を渡されます。約1時間半ありますが、”ガラスの展望台”で撮影したい方は、行列ができているので時間配分にご注意を。

そしていよいよ、エレベーターで最高地点に向かいます。到着すると、そこはもうモンブラン目の前。アルプス最高峰のてっぺんはどんなものかとワクワクします。

いぜ覗いてみると、意外と可愛らしいではありませんか(^o^)!雪を被った頭は太陽に煌々照らされています。形が特徴的という雰囲気もなく、しれっと実は最高峰☆という印象を受けました 笑。

アルプス最高峰を拝めたのは、一生の思い出になりました!

アドバイス

雪の照り返しがとても眩しいです。サングラスを持参しましょう!

そうこう景色を楽しんでいると、ふと眼下に。。。

人??

まさかここまで登ってくる人がいるとは!いや登山家にとっては絶好のシーズンなのでしょうが、実際に見ると驚きます 笑。

メール・ド・グラス(氷河)

シャモニ・モンブランの街から行くもう一つのおすすめは、「メール・ド・グラス」という氷河です。氷河といえば、以前にゴルナーグラートを紹介しました。

【スイス:ツェルマット】最強の展望台ゴルナーグラート

今回の氷河はそれをよりも全長が長い、ヨーロッパ最大級のものらしいです。 しかも、氷河の中に入ることができます!!こんな面白い体験、他ではなかなかできません(^o^)。

氷河への行き方

シャモニ駅のすぐ裏から、「モンタンヴェール登山電車」が出ています。これに乗って、モンタンヴェール駅へと行きます。

赤い可愛い電車ですよ(*^^*)。

到着駅は谷の上にあります。眼下にはこのような景色が広がります。正直、最初はただの干上がった川に見えました(^▽^;)。

しかし侮ることなかれです。奥から手前に曲がりくねりながら続いているのは、すべて氷河なのです!

ここからは階段を使って下へ降りていきます。

アドバイス

階段は400段もあります。ちゃんとしたスニーカーでいきましょう。

氷河へ到着

階段を降りると、いよいよ氷河です。至近距離になると正体が露になります。岩に見えていたものはすべて氷なのです。表面だけが砂で汚れていて上からだと分かりませんでした。

そして、氷河の中に造られたトンネルの中へと入ってきます。トンネルの壁はもちろん全て氷。夏であることを忘れるくらいに涼しいです。所々上から水が滴り落ちてきて、当たると冷たかったです(> <)!

氷の中で光が反射していて、幻想的な雰囲気に包まれていました。自然にこれができたというのが信じられないです。今でもちょっとずつ動いている(氷河は自分の重さで下方へ移動する)というのは、まさに神秘です。

氷の世界は15分程で見終わります。そしたらまた来た道の階段へと引き返します。帰りは登りだから大変 笑。

シャモニ・モンブランの街中

観光客が山へと向かう拠点である街は、当然のことながら凄く栄えています。レストラン、カフェ、お土産屋が軒を連ねていて活気がすごいです!

道から空を見上げるとモンブランが見えますよ。それくらいにモンブランが高いのです(≧▽≦)。

あてもなく歩いていても何か食べたくなります。というか、この賑わいの中に参加したくなるのです。

そんな時はやっぱりアイス!

「Chez RICHARD」さんで頂きました。写真からでも溢れんばかりの美味しそうなオーラ。

もちろん最高でした!!

他にも、フランスなのでワインも買い漁りましたし、ケーキも楽しみましたよ(^^)。食こそがフランスの大きな大きな醍醐味ですからっ!

というわけで、最後は「La Fine Bouche」にて夕飯を頂きました(^^)。この街でも人気のフレンチのお店!凄く雰囲気の良い店内でした。山のふもとらしく外見は木造っぽいですが、中はスッキリとして、装飾で可愛いくされています。

お料理はコート・デュ・ローヌの赤ワインと合わせました。イチゴっぽい風味がするワインでした。

メインはマッシュルームソースのかかったハンバーグです。味は上品めで、ワインとよく合いましたよ(O^^O)。

モンブランと聞いてもケーキを思い出さなくなります、シャモニでした!

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA