オリーブオイルが大好き

油というと、なんだか体に良くないイメージですよね。けれど、油たっぷりなもの程美味しいのも事実!

そんな中、オリーブオイルは一般的に体に良いと言われていて、それでかつ油なわけです。なんかすごい得するアイテムだと個人的に思っています!味もめちゃくちゃ美味しいですしね。

ついつい色々な種類を試してみたくなって、イタリア産、クロアチア産、スペイン産等々、買っちゃっています。気づけば写真のように家に4本もありました 笑。

というわけで、オリーブオイルについて語らせて下さい。

お気に入りのオリーブオイル

お気に入り①: IL Casolare

IL Casolare (イル カソラーレ)です。

このオリーブオイルはイタリア産です。最初はイタリアに旅行した時に、スーパーでジャケ買いしました。

まずは普通にサラダにかけてみると、オイルからかなりフレッシュなオリーブの風味がして、一瞬で虜になってしまいました。

ドイツでもイタリアンスーパーで探すと見つけることができたので、継続的に購入しています。

IL Casolare

ドイツのスーパーでは、大したオリーブオイルに出会えてなかったことに気付かされました(^-^;。

なおこの商品は、イタリアで買うと1リットルで800円くらいだったのに、ドイツだと500ミリリットルで600円くらいでした。

けっこうな割高です。けれども、美味しいのでリピートしてます!

高いオリーブオイルだと、5000円くらいするのもあります。まだ、その世界には手を出したことがないので、あくまで安価なオリーブオイルの中でのお勧めだと思ってくださいね(^▽^;)。

※ちなみに、日本のアマゾンでも取り扱いありました!気になる方はコチラから↓

お気に入り②: Aldo Parente

Aldo Parente (アルド パレンテ)の白トリュフオリーブオイルです。トリュフオイルなので、ちょっと変わり種ですね。

このオイル、トリュフの香りが凄いです。思っている5倍くらいの強い香りがします。

Aldo Parente

こちらもイタリアンスーパーで購入しました。250ミリリットルで1200円くらいでした。量が少ないと思われそうですが、トリュフの香り付けをするのがメインなので、ちょこちょこ使う分には丁度良いです。

トリュフオイルってどうやって使うの?って思いますよね。

サラダやカルパッチョは言うに及ばないですが、私のお勧めはポップコーンです。

自分の家でポップコーンを作られる場合は、ぜひ出来立ての熱いポップコーンに、塩+トリュフオイルをかけてみて下さい!!

高級フレンチで出てくるポップコーンか(^^)/ってくらいな味になります。(高級フレンチでポップコーンは出ないでしょうが 笑。)

オリーブオイルのお勧めの使い方

サラダのドレッシング


日本ですと、サラダにはカゴメのドレッシングをかけるのが定番だと思います。実は、ヨーロッパではああいったドレッシングは見かけません。(シーザーサラダとかはあります。)

なので、サラダにオリーブオイルと塩をかけてよく食べます。この使い方だと、オリーブの風味のしないものだと、ただ油がかかっただけの葉っぱになるので、オリーブオイルの選択には要注意です。

ペペロンチーノ


ペペロンチーノはにんにくと唐辛子が決め手だと思っていませんか?私はそう思っていました。ところが、美味しいオリーブオイルで作ってみると、どうしたことか。急にレストランの味に変わります!

多分ですが、にんにくや唐辛子は、家でもレストランでも差が出にくいです。しかし、オリーブオイルに拘ると本当に別物になります!

ペペロンチーノの正式名称は、「アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ」です。アーリオ=にんにく、オーリオ=オリーブオイル、ペペロン=唐辛子です。ちゃんとオリーブオイルは三種の神器を担っていましたね(^o^)。

③バケットを浸す

イタリアンやフレンチに行くと、レストランでバケットとオリーブオイルがセットで出されることがよくあります。それくらい定番なのですが、実際、家ではしなくないですか!?

美味しいオリーブオイルを手に入れてあかつきには、是非これをやりましょう。シンプルにして最強だと思っています。レストランも良い所は、オリーブオイルの契約農家があるそうですよ!

オリーブオイルはどうして体に良いの?

オリーブの葉

ここまでオリーブオイルが体に良いということを盲信してきましたので、それが本当なのかを見ていきましょう。調べてみると、オリーブオイルが体に良い理由は主に以下でした。

  • オレイン酸が悪玉コレステロールを減らす。
    →動脈硬化、高血圧の予防になる。
  • ビタミンEやポリフェノールに抗酸化作用がある。
    →アンチエイジングになる。

なるほど、確かに体によさそうです。じゃあ、ゴマ油や菜種油とは何が違うのでしょう?

それは、オリーブオイルは果実から油を搾るという点です。ゴマや菜種油は果実ではなく種子から油をとります。オリーブはそのまま食べたりするのでイメージ湧きますよね。

フルーツなどもそうですが、果肉の部分は色々な栄養価が含まれています。そして、それらがオイルの中にたっぷり溶け込んでいるというのが、オリーブオイルの大きな優位点のようです。

けっこう理論的にオリーブオイルが体に良いことが分かりますね。なんとなくでオリーブオイルが好きだったのですが、調べてみて更に好きになりました。

皆さんも自分のお気に入りのオリーブオイルを探してみては!!(≧▽≦)

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA