インド式、ココナッツオイルのヘアケア

先日、知り合いのインド人に、どうしてインド人の髪の毛は、太くてしっかりしてるんだろうと尋ねてみました。遺伝という答えが返ってくるのかなと思っていたのですが、思いの他、「インド式ヘアケア」について語ってもらえました。

どうやらインドでは、化学的なシャンプーやコンディショナーは、頭皮に良くないと考えている人が多いそうです。自然由来のヘアケアの方法が興味深かったので、真似させてもらうことにしました。

インド式ヘアケア

インド式ヘアケアのポイントは以下です。順番に説明します。

  • ココナッツオイル。
  • カレーリーフ。
  • NOコンディショナー。
  • シャンプーはごく少量。

ココナッツオイル

一番重要なのが、ココナッツオイルです。ココナッツオイルというと、ボディクリームに使う美容法を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

どうやらこのココナッツオイル、頭皮+髪の毛にも大変良いものらしいのです。

使い方は、寝る前に湯煎したココナッツオイルで頭皮をマッサージします。

湯煎したオイルを頭皮に塗ると、熱で毛穴が開き、ココナッツオイルが毛穴の奥まで浸透します。それにより、ココナッツオイルに含まれる、ビタミンE が頭皮によく吸収されるのです。

ビタミンEの効能は、

  • 抗酸化作用。
    →シワやタルミといった老化は、皮膚の酸化が原因と言われています。皮膚の酸化を防ぐことは、若々しい頭皮を保つことになります。頭皮は髪の毛の大切な土壌なので、生えてくる髪の毛も綺麗になります。
  • 血行を良くする。
    →ビタミンEは毛細血管を広げる性質があるため、血行が良くなります。体に栄養を巡らしているのは血です。よって、血行が良くなれば、頭皮および髪の毛にも栄養が行き渡るようになります。
    禿げの改善に「リアップ」を聞いたことがあると思いますが、あれも頭皮の血行をよくすることで、髪の毛を生やすという仕組みです。

どうやらイメージだけでなく、理屈の上でもココナッツオイルには効果があるらしいです。

なお、友人が紹介してくれたのは、パラシュートというメーカーのココナッツオイルでした。

カレーリーフ

更にインドっぽい感じがしてきました。なんと、ココナッツオイルを湯煎する時に、カレーリーフも加えるのだそうです。こちらは週に2日くらいです。カレーリーフは葉っぱそのものでも、乾燥リーフでもどちらでも大丈夫です。

具体的にカレーリーフのどの成分が良いのかまでは、残念ながらインド人の彼も知らなかったです。しかしながら、先祖代々、以下の効能が経験的に分かっているとのことでした。

  • 髪の毛が生える。
  • 白髪を防止できる。

ココナッツオイルが防御なら、カレーリーフは攻めといった感じがする内容です。週に2日というのも、効果が強く、やり過ぎは良くないのかもしれませんね。

NOコンディショナー

コンディショナーのような化学的なものは、頭皮に良くないとのことです。また、ココナッツオイルを塗布することで、コンディショナーと同じ効果がすでにあるので無意味だそうです。

同じ効果というのは、保湿と栄養分の補給です。オイルなので保湿するのは当然ですし、上で説明したビタミンEが髪の毛にも良いようです。

シャンプーはごく少量

少しはシャンプー使うんだ??って思いますよね。友人曰く、シャンプーはちょっとだけお湯で伸ばして使うくらいがちょうど良いそうです。

ココナッツオイルでマッサージして寝ているわけですから、シャンプーを使った方が洗い流し易いそうです。

そういえば、たまに日本人でもシャンプーを全く使わないという強者もいますね。頭皮の脂を落とし過ぎると、乾燥するからだと聞きます。インド式の場合は、ココナッツオイルで頭皮を守っているので、一見違うやり方ですが、両者は同じく保湿を目指しているのかもしれません。

ココナッツオイルを1カ月試して

さて、ここからは、私が1か月間ココナッツオイルを試した結果を書きます。

まだ、カレーリーフまではトライしていません。そもそも、ココナッツオイルがコンディショナーの代わりとして自分が受け入れられるのかを確認したかったからです。

使い方

近くの薬局、(DMというドイツで大手の薬局)で見つけたココナッツオイルを使うことにしました。友人にお勧めされたパラシュート製が見つからなくて、アマゾンだと配送に時間がかかったので、すぐに見付かったもので始めました。

ココナッツオイルをティースプーンですくいます。

髪の量に合わせて量は決めましょう。気持ち少ないくらいでちょうどよいです。ショートヘアならスプーン半分、ロングなら長さに応じてスプーン1~2でもよいでしょう。

で、すみません。自分でも最低だと思うのですが、湯煎が面倒で、湯煎は3日で止めてしまいました(T_T)。

その代わり、手の平でこすって、オイルが透明になってから頭皮にマッサージしています。

ココナッツオイルの融点は20℃ちょっとらしく、これだけで余裕で融けます。そして、この手で頭皮をマッサージします。

頭皮のマッサージで髪にも自然にオイルが回ってきます。

左の写真がオイルを塗る前、右の写真が塗った後です。分かりにくいですが、多少潤っているのが分かるかと思います。

私の経験だと、写真で見てベタつく程やってしまうと、不快感が出てきます。(枕が汚れるのも嫌です。)

塗布する前
塗布した後

感想

結果、私はココナッツオイルをすごく気に入りました。これからも絶対続けます!!

良かった点は以下です。

  • 髪の毛のパサつきが無くなった。
  • 髪にボリュームが出た。
  • フケが出なくなった。

今までは、コンディショナーを使っていましたが、翌日になるとしっとり感がなくなっていました。しかし、ココナッツオイルなら、翌日も髪の毛が潤っているのが分かりました。

また、髪にボリュームが出ました。恐らくですが、コンディショナーだと、髪の毛をサラサラにする効果が強すぎて、ボリュームダウンしていました。髪質によっては、ボリュームダウンしたい方もいると思うので、これはメリットかデメリットか人それぞれだと思います。

あと、フケがなくなりました。フケは頭皮の乾燥が原因になるので、これも頭皮が潤っている証拠だと思います。

特にデメリットが見付からなかったので、是非これからもココナッツオイルにはお世話になろうと思います。

次は、カレーリーフまでちゃんと実践してみたいと思います。(湯煎の面倒を乗り越えられれば、、、笑。)

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA