オランダ:チューリップ畑 ~地平線までカラフル~

オランダと言えば、チューリップが有名です。さすがは名産のチューリップ。赤・白・黄色だけには留まりません。一輪に色んな色が入っていたり、形もさまざまです。オランダはドイツと国境を接していて車で行けます。チューリップの時期に合わせて見に行ってきました(^-^)。

~チューリップの時期~

チューリップの時期は、3月中頃から5月の上旬にかけてです。ちょうど日本のGWと被っているので、毎年、日本からはたくさんの観光客が来ているそうです。

私も前に5月の上旬にキューケンホフ公園という、チューリップが園内全域に植えられている、とても有名な公園に観に行ったことがあります。しかし、シーズンのギリギリ終了間際だったので、お花にあまり元気がなかったのは覚えています。もちろん、綺麗なのですが見頃は過ぎてたかなーという感じでした。

なので、お勧めは4月中頃だと思います!

~チューリップを見るべき場所は「畑」~

先ほどキューケンホフ公園を紹介しましたが、色んな種類のチューリップを鑑賞すのには適していますが、もっとたくさんのチューリップを無料で見られる場所があります。それが、チューリップ畑です。

この時期のオランダからは、オランダ国内の花屋やスーパーだけでなく、他国にもどんどんチューリップを輸出しています。ということは、それらが咲いている場所があるということ。それが畑なんです。

見て下さい。文字通り、地平線までチューリップが咲いています。(右の写真はチューリップではないですが、凄く綺麗だったので乗せました 笑。)にしても、この時期のオランダは凄いですね。本当に感動しました。これがちょうど4月の中頃でした。

さて場所はというと、あちらこちらに似たような畑があるのですが、メジャーなのは赤丸で囲ったエリア。アムステルダムより北側の地域です。ここを車で走っておけば、どこかで巡り合うことができます。

ちなみに、正確にどの畑でいつチューリップが見られるかは分かりません。なぜなら、チューリップは球根が商品なので、花が咲いたらすぐに刈り取られてしまうからです。花が咲いたままだと養分がそっちにとられて、球根が売り物にならなくなってしまうそうです。

なので、咲いている場所に巡り合えるまで、ドライブするしかないです。日本からだと厳しいかもしれませんが、そんな方はキューケンホフ公園に行くのが間違いないです。

~キューケンホフ公園~

さて、畑を見に行くのが厳しい方は、キューケンホフ公園に行きましょう。この公園は今年と去年はコロナで閉園していました。なので、それ以前に訪れた時の情報で説明させて下さい。

この公園は、オランダのガイドブックに必ず大きく載っている超有名な公園です。世界でも、チューリップの公園といえばここです。とにかく広いので、立ち止まって写真を撮りながら歩いていると、ゆうに2時間以上はかかります。

順路もかっちり決まっているわけではないので、右のルート行ったら左のルートを通れないということも起こって、くまなく歩こうとすると行ったり来たりです。どこまで行ってもチューリップだらけなので、まあ、コースは絞っても良いとは個人的には思います 笑。

園内には風車もあります。飾りなので中には入れないですが、写真映えします!!オランダ~~って感じがして興奮します!(^^)!。

で、最初に言いましたが、5月に入ってから行ったので、中には元気のない花もぽつぽつ。4月に行けばきっともっと凄かったと思うので、皆さんは私の教訓を活かしてください。私は再度挑戦しようと思ってます。(私の住んでる街からだと、車で6時間くらいかかるので、わりと気合が必要です。)

~最後に~

畑の写真からも花の需要の凄さが分かりますが、実際、ヨーロッパでは家に花を飾っている人が多いです。そして、嬉しいことに、花はけっこう安いのです。ちょっとした花束だったら、500円くらいで買えます。日本だと2000円くらいしそうなものがです。

基本的には物価はヨーロッパの方が日本より高いのですが、なぜか花は逆転状態です(;^ω^)。大規模な敷地を使ったお花の大量生産が得意なのでしょう。日本だとビニールハウスで丁寧に育ててそうなので、コストが違うのでしょうね~。

安いのでたまに買ってしまうのですが、家に色があると幸せな気分になります。これはわりとおススメなので、興味が無い方も1回やってみると楽しいかもですよ。お洒落ぶった発言お許しください 笑。

やっぱりオランダと言えばチューリップでした。

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA