【イタリア:カプリ島】青の洞窟にナポリから日帰り|行き方&楽しみ方を写真付きで紹介!

あの有名な「青の洞窟」は、南イタリアのカプリ島という場所にあります。カプリ島はナポリから船で最短50分で着く島です。なので、ナポリから日帰りでも行くことが可能です(^o^)。

ただし、カプリ島には青の洞窟以外にもシッピングやトレッキングなどを楽しむことができ、できれば1泊するのが良いそう。ですが、私は今回「青の洞窟」だけを取って日帰りしてきちゃいました!

日帰りでの行き方や青の洞窟の感想を綴りたいと思います。

カプリ島の全体感
  • 所要時間:8時間
  • おすすめ度:★★★

カプリ島への行き方

行く前にチェックすること

ナポリから日帰りする場合、カプリ島に出発する前にwebでチェックすべきことがあります。それは、青の洞窟に入れるかどうかです。天気や潮によって入れないことも多々あるのです。なぜなら、小舟に乗って頭を伏せないないと入れないような、海面すれすれの入口だからです。

毎朝9時にこちらのサイトで青の洞窟への入場可否の公開がされるので、確認しましょう。ページの中ほどに、緑か赤の〇が出ます。緑はオープン、赤はクローズです。説明文書もでるので、すぐに分かると思います。

アドバイス

ナポリで2~3日確保しておいて、青の洞窟に入れる日にカプリ島に行くという臨機応変さが大切です。(特に冬場は入れる確率が低いそうです。)

カプリ島への渡り方

ナポリの「ヘヴェレッロ港」からボートで向かいます。フェリー、高速船、水中翼船(船が海面に浮くタイプ)とありますが、水中翼船が最短の50分で着きます。日帰りなので時間を節約したく、私はこれを使いました。

こちらのサイトから船のチケットは事前に購入できます。私の場合は現地で購入しました。その時に、チケットオフィスも乗り場もなかなか見つからず苦労しました^^;。

私はここでチケットを買いました。ツアー会社のオフィスみたいですが、船のチケットも取り扱っています。

「あと5分で出発するから走れ」っと陽気に言われました 笑。後から確認するとグーグルの評価が高かったです。

もう一つ、私は購入していないのですが、乗り場のすぐ横にもチケットオフィスがりました。こちらが船会社の直販みたいです。

けれど、グーグルの評価はあまりよくないので、結果オーライでした(^o^)。

乗り場まで来てしまえば、案内に従って船に乗り込むだけです。50分の船旅を楽しみましょう。

アドバイス

大きな荷物があったのですが、カプリ島で船を降りたすぐ横で預けることができましたよ(*^^*)。

カプリ島

カプリ島に到着したら、港沿いにはたくさんのお土産屋やショップが並んでいます。それは後にして、まずは青の洞窟へのボートチケットを買いましょう。

なお、チケットは事前にこちらで購入することもできますが、販売は前日までです。それもあって私は現地で買いました。キャンセルも日付変更もできるみたいなので、WEBで買っておくのもアリかもしれません。

青の洞窟へ

到着した港を背に、港沿いを200mほど行くと青の洞窟へ出発するボートが並んでいるエリアです。

私は目に付いた"Laser Capri"でチケットを買いました。青の洞窟だけか、青の洞窟+島を1周を選べました。

せっかくなので島1周も込みのチケットを選択しました。

さて時間になってボートに乗り込みます。まずは島の1周から始まりました。

島の周りをボートで進みながら、写真スポットや洞窟などの見どころに近づくと、スピードを落としたり止まったりしてくれます。ガイドさんから英語で解説もあります。写真も率先して撮ってくれたりと楽しませてもくれます。

終始、水の色の美しさと景色の壮大さに感動しっぱなしでした(@_@)。

そして、いよいよお目当ての青の洞窟です。洞窟付近にはボートがたくさん集まって順番を待っています。ここで、小さなボートに乗り換えをします。

長い時は2時間近く待つという怖い情報を聞いていましたが、運良く20分くらいで入ることができました。

小舟が狭い入口を通る時は仰向けに入るという噂でしたが、私の場合は伏せろと言われました。船頭によるのでしょうか。とにかく頭を伏せ、周囲がふっと暗くなると同時に、中に入っていました。

頭を上げるとそこは、なんと水が青く光っていました。

人口的に水中からライトアップをしてるんじゃないかと疑いたくなるくらい、美しく青く輝いているのです(@_@)!!!。水中にはクラゲが泳いでいて、これも演出のように神秘的な雰囲気を作っています。

洞窟の奥の方は少し開けた空洞になっていて、そこでぐるっと中を回ります。船頭さんは歌ってくれたり、写真を撮ってくれたりと、サービス慣れしたプロでした。

洞窟内をゆらゆらと移動している最中は、本当にその綺麗さに見入ってしまいました。写真で見るより100倍は美しいです。花火を目で見るのと写真で見るのくらい違います。本物は度肝を抜くレベルなんです。

あっという間に外に出る時間になりました。多分10分もいなかったと思います。本当に密度の高い刹那でした。

ショッピングやレストラン

帰りのボートまで時間に余裕があれば、港のレストランでのんびりしたり、丘の上にある繁華街に行っても良いと思います。繫華街は港からはケーブルカーですぐに行くことができます。

島の中にこんなに!?っていうくらいブランド店などが詰まっていました 笑。

こんな感じで、日帰りでしたが十分楽しむことができました。ナポリから本当に手軽に行けるので、イタリア旅行の中に是非組み込んで頂きたい場所です('ω')ノ

思ったより100倍美しい、カプリ島の青の洞窟でした!

END

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA