【リヒテンシュタイン】切手の小国の歩き方

リヒテンシュタインは、スイスとオーストリアに挟まれた小さな国(世界で6番目に小さい)。
通貨も国防もスイスに委任しているという、ほぼスイスの国です。

メインストリートはたったの1本で、500mくらい。観光するのはとても簡単でした(^・^)。

リヒテンシュタインの全体感
  • 所要時間:4時間
  • おすすめ度:★★☆

リヒテンシュタインは切手の国


リヒテンシュタインは、切手が主な収入源だった国

切手(・・? どこでも作ってそう。。。私は最初そう思いました。

しかし、下で紹介する切手博物館に行くと分かりました。その切手は、目を見張るくらい精巧なのです(◎_◎)

線の細さは間違いなくミリ単位以下。そのサイズ感で、多様な色彩と線描を集約しています。

世界の切手コレクターに、リヒテンシュタインの切手は凄く人気だそう。

写真のように、アスファルトには色々な切手が印刷されていましたよ(・∀・)。

リヒテンシュタインの観光ストリート

国土はわりとあるのですが、観光で訪れる場所はメインストリートの1本だけです。そこに博物館、お土産ショップ、レストランがずらっと並んでいます。こんなに分かり易い観光地は珍しいです 笑。

人がたくさん並んでいたので何かと思うと、アイスクリーム屋でした。「Dolce Vita」というお店です。後述するファドゥーツ城を見上げながら食べることができました。

アイスはどこの観光地でもしのぎを削っていますが、ここのチョコアイスは上位にくる味でした。値段はそれなりでしたが、濃厚さが凄かったです(≧▽≦)やっぱりアイスは濃厚な方が美味しい!!

※アイス屋は現金でしか払えませんでした。

お土産ショップに立ち寄ると、リヒテンシュタインのワインやナンバープレートの飾りが売っています。

なんでナンバープレート?? 笑。

実は、リヒテンシュタインのナンバープレートはデザインが凄くクールなのです!細身でシックな黒がベース。白い文字の間には、赤と黄色のリヒテンシュタイン家の紋章。

このプレートは、スポーティーな車によく似合います(・∀・)。

アドバイス

メインストリートにある観光案内所で、パスポートに入国記念のスタンプを押してもらえます。(有料)

切手博物館

この切手博物館は、メインストリートのインフォメーションのすぐ横にあります。

中に入ると、過去の切手がこれでもかっという程に、収集されています。

さすがに全部は見てられないですが、所々見て行くと、絵の精巧さが年々増しているのが分かりました。
絵にも流行りがるあるのか、時期のよってシックだったり、ポップだったりします。

街の風景がよく使われているので、当時を想像しながら見て行くのが面白かったです(^・^)。

輪転印刷機を見ると、その彫りの細かさにびっくりします。掘っている映像もあり、技術者の手腕の賜物であることが分かりました。気の遠くなるくらい精密な作業ですね。

アドバイス

館内のギフトショップでは、過去の切手が売られています。誕生月を購入すると記念になります。

ファドゥーツ城

リヒテンシュタインを遠くから見た時に、ポツンと丘の上に佇んでいる城が、ファドゥーツ城です。
リヒテンシュタインのシンボルです。多くの切手に描かれていますよ。

ここに行くには、メインストリートから20分程坂と階段を上がります。
メインストリートには、テラス席が集まる広い場所があります。それらのレストランの狭間に、丘に抜ける道があるので、そこから向かいいます。

丘に上がると、リヒテンシュタインからスイスにかけてが一望できました(≧▽≦)。スイスの山はやっぱり良いですね。

ファドゥーツ城は官邸なので、残念ながら入ることはできません。石造りの外壁が美しいのでそこを楽しみましょう。

なぜだか一回行ってみたいし、言ってみたい、「リヒテンシュタイン」でした!

END

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA