【フードプロセッサー】ティファールで購入|その使い心地は。

T-fal(ティファール)のフードプロセッサーを購入しました。

実は先日、別のフードプロセッサーをコチラの記事で紹介したばかりでした。しかし、そのフードプロセッサーが早くも壊れてしまったので、2台目を購入しました。

その反省から、今回は、調理器具でとても有名なT-fal製にしました(^o^)。良い物は全然違いました 笑。

T-falのフードプロセッサーの紹介

買ったのは、「LA Moulinette」シリーズの”DPA130”という商品です。

縦19.6cm、横19.6cm、 高さ27.2 cm、重さ2Kgというけっこうゴツい仕様です。見ての通り、半分以上がモーター部分なので、そのパワフルさには期待できます(・∀・)。

ちなみに定価は約9000円です。前回買った2500円のフードプロセッサーがすぐに壊れた反省から、少しお高いものをチョイスしました。しかもティファール製。

ただし、アウトレットで梱包が壊れていて安く売りに出されていたので、実際は3000円くらいで入手しました(`・∀・´)エッヘン!!(ドイツのアウトレットのついてはコチラ

※ロゴは日本では"T-fal"ですが、EUでは"Tefal"です。同じものです。偽物ではありません 笑。

T-falのフードプロセッサーの使い心地

キャベツのみじん切りに挑戦しました。中に入るサイズくらいのブロックに分けてからいれます。

フードプロセッサーのサイズのわりに、意外と入る量が少ないです。

さて、蓋自体がスイッチになっています。

蓋を被せて、さらに手で蓋を押し込むと刃が回転します。どうなるでしょう(^o^)。

ギュイーンという音とともに、キャベツは木端微塵になりました!

その間たったの1秒。。。

めちゃくちゃパワフルです(@_@)。前回の安いプロセッサーの5倍以上の力は裕にあるでしょう。

最初は時間で粗さを調節しようと思ってました。しかし、1秒でここまでだと、粗みじんは無理そうです 笑。

他に人参も試しましたが、同じく一瞬でしたよ!

ちなみに、容器と蓋と刃は簡単に取り外せるので、洗い物も一瞬です。食洗器にも対応しています。(食洗器についてはコチラの記事を。)

アドアイス

ボタンは3回くらいに分けてプッシュした方が良さそうです。なぜなら、刃の上に残っている野菜をカットできないからです。一瞬止めることで、刃の間に野菜が落ちていってカットされます(^・^)v。

本当に快適で癖になる使い心地でした。微塵切りをやりた過ぎて、ハンバーグをあえて作ってしまいました 笑。

フードプロセッサーは、ブンブンチョッパーのような手動もありますが、このパワフルさを使ってみるともう戻れません(≧▽≦)。1万円以下で買える商品はたくさんあるので、時短家電として1家に1台あるのは凄く良いと思います!!

ティファール以外にも有名ブランド品はいくらでもあるので、是非何かしら検討されてみてはいかがでしょうか(^^)。(あまりに安い物にして、すぐに壊れるという私のようなことが無いように気を付けてください 笑。)

END

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA